「諦めなければ夢は叶う」Dr.STONE実験「硫酸でカルピス作り」

2022.06.27

 

みなさんこんにちは!市岡元気です⌬

私が中学生の頃から大切にしていて部屋にも貼っていた言葉があります「あきらめなければ夢は必ず叶う」という言葉です。・・私は小さい頃からの夢を、形を変えながらも叶えることができているわけですが、今回はもっと最近思っていた「夢」が叶ったというお話です。

 

 

「学んだつもりでなくても学べてしまう」を目指して

私がYouTubeで心掛けていることは「学んだつもりでなくても学べてしまう」「受動的な学び」ということでした。そのため、アニメやゲームに関連した実験も多く出し、YouTubeでゲームやアニメを検索した人がフラッと私のチャンネルの動画を見ていつのまにか勉強になっていたというような動画を作っていました。
その時に出会ったのが「Dr.STONE」という漫画。原作・稲垣理一郎先生、作画・Boichi先生 科学監修・くられ先生で、漫画の概要をピクシブ百科事典から引用させていただくと「謎の現象で全人類が石化し、数千年がたった地球。 文明の遺物はとっくに失われて大自然の楽園と化したポストアポカリプスな世界で、石化から蘇った2人の少年・千空と大樹が科学文明を再興させようと奮闘するSFクラフト冒険譚である。」というものでした。

「Dr.STONE」は、JUMP漫画という小さい子から誰もが読みやすい媒体を使って科学の面白さを伝えることができる素晴らしい作品だと思いました。

現に、先日S N Sアンケートで皆さんに「科学に興味を持って理系へ進んだきっかけは何ですか?」と質問したところ「Dr.STONEを読んで」という回答を沢山の方にいただきました。

さらなる科学の発展のためにこの作品が多くの方に知られていくことを望んでいるのですが、私は独立する前からこの漫画が大好きで、独立した後もこの漫画に出てくる実験を再現してYouTube動画として投稿していました。

「Dr.STONE」再現動画の数々

ブドウからエタノールを作り出す!

石からガラスをつくる!

「石化復活液」をアンモナイト化石にかけてみた結果が凄い!

石燃やしたら緑の焚き火できるのか!

金で綿飴作れるか?Dr.STONE【実験】金属で綿飴づくり!

などなど、たくさんの実験を紹介してきました。

その中でも、この記事では好評だった「硫酸からカルピスを作る」動画の舞台裏を、詳しく解説します。

 

 

硫酸を使ってカルピスを作る方法

使用したものは
小麦粉・ヤギミルク・ヨーグルト・レモン・硫酸・毒重石・器具

作り方はヨーグルトにレモンとガムシロップを入れるだけ・・・なのですがこのガムシロップを作成するところが「原始時代」だとやっかいなのです。原作に則り、硫酸を使いました。
ヨーグルトに関しては「乳牛がいない時代」でしたので、山羊ミルクを沖縄から取り寄せて1日発酵させて作ります。
ガムシロップは糖なので糖の液体を作ればいいのですが、そのために、片栗粉を使います。片栗粉はデンプンなのでブドウ糖が鎖のようにたくさん繋がったものです。そのままでは人間は甘みを感じません。さらに体に吸収できないためエネルギーにもなりません。しかしその鎖を「ぶった斬って」ブドウ糖にしてあげると、甘味を感じるようになり吸収できるようになります。
その鎖をぶった斬るために「硫酸」を使うのです。ホットースターラーで片栗粉を水に溶いたものを90℃で、3%硫酸で混ぜ続けました。混ぜ続けすぎるとさらに硫酸により脱水されてカラメルになってしまうので、この時間を見極めるのが重要でした。
さらにこうしてブドウ糖を作った後に硫酸が残っていると食べることはできないので中和しなくてはいけません。そのまま食べると虫歯でないのに歯が溶けます。

そこで使うのが「毒重石」という鉱物。この鉱物は炭酸バリウムの結晶です。ちなみに「毒重石」というだけあって炭酸バリウムは猛毒です。しかしこれを硫酸に入れると炭酸が遊離して沈殿した塩ができます。これが硫酸バリウムで、みなさんが人間ドックで飲むいわゆるバリウムとなり、無毒になるのです。
ただ相談したくられ先生に言われた事は・・・「少しでも残ると死にますw」
・・・慎重に中和しました。入れすぎてアルカリに偏ると死にます・・・。
この工程を得てようやくガムシロップが完成しました!このまま乾燥させればブドウ糖の結晶ができます。

で山羊ミルクを発酵させてできたヨーグルトとレモン、そしてガムシロップを混ぜて、カルピスを完成させました。
(ただ自作したガムシロップは少し舐めて甘いことを確認しただけでとどめました。カルピスにするためには沢山使わなくてはいけないので、流石に市販のガムシロップを使用することにしました。)

こうした再現をしていましたら、なんと「ジャンプチャンネル」さんからお声がかかり、「Dr.STONE」の実験をいくつかやらせていただくことになりました。

"公式"から声をかけてもらい、色々な展開が!

公式からお声がかかるというのはとても光栄なことでした。子供たちのために、全力で楽しい実験を準備させていただき、実験をしました。

【Dr.STONE】カルピスって実際作れるのか!?ガチな科学実験で検証してみた【リアル漫画再現】

【Dr.STONE】ガラスを材料から作れるのか?実際に検証してみた【リアル漫画再現】

そんなお仕事をしていたら漫画の科学監修をしているくられ先生から、Dr.STONE 原作者の稲垣先生が僕のYouTubeであげている実験を見たいと仰っていると、ご連絡がありました。

それは僕と九州大学理学部地球惑星科学科 森祐紀 博士(当時)が開発した、アルコールからダイヤモンドを作るという、まだDr.STONEでは出ていない実験でした。

アルコールから大量のダイヤモンド合成に成功!【錬金術実験】

「明日見せてほしい」とご連絡いただき、今まで大好きだった漫画に関わることができるという夢のようなお話に、全ての予定をキャンセルしてすぐに実験を準備。次の日稲垣先生をラボへご案内しアルコールからダイヤモンドを作成し、電子顕微鏡で観察しました。
そこでお写真も撮っていただき、なんとDr.STONEの単行本19巻に実験監修として名前を載せていただいた上に、カバーの内側にラボの写真まで載せていただいて、夢のようなことが叶いました。

紹介いただいたくられ先生、実験を使っていただいた稲垣先生、ダイヤモンド作りに協力いただいた森先生には本当に感謝しております。

 

そしてさらに・・・!!!この7月、東京と神戸で開催される『舞台 Dr.STONE』の科学監修を務めることにもなりました!

今まで漫画を見て憧れて、真似て実験をしていただけなのに、逆に実験を監修することができるとは・・・とても嬉しいです。僕も昔は役者を目指していて舞台にはとても興味がありよく観に行くのですが、この舞台は、子ども料金が設定されている珍しい舞台です。子どもから舞台の世界を知ることができる良い機会だと思いますので、ご興味ある方は是非ご覧ください!
 「あきらめなければ夢は叶う!」

 

舞台「Dr.STONE」THE STAGE ~SCIENCE WORLD~ 
公式サイト https://drstone-stage.com/

 

実験YouTuber 市岡元気先生の舞台裏 最新記事

市岡 元気

2019年、YouTubeチャンネル「GENKI LABO」を本格始動。現在登録者数30万人超。同年、株式会社GENKI LABO設立と同時にCEOに就任。数々のサイエンスライブ、実験教室を全国各地で開催。

【主な活動場所】 Twitterはこちら  youtubeはこちら ご依頼は[email protected]まで。

このライターの記事一覧