磁性材料の評価

2022.08.30 By 横浜国立大学 大学院工学研究院 知的構造の創生部門 竹村 泰司

物理学

研究概要

・磁気工学、磁気応用

・磁性ナノ粒子

・バイオマグネティックス、磁気医療支援技術

・センサ工学

・エネルギー・ハーベスティング

アドバンテージ

・磁性ナノ粒子から、磁気センサ、非破壊検査まで磁気に関する研究・開発を広く行っています。

・作製装置、評価装置、シミュレーションまで設備・ツールもそろっています。

事例紹介

・磁気センサ等測定評価

・磁性材料の評価

・電磁界シミュレーション

・磁気を応用する非破壊検査

相談に応じられるテーマ

磁性材料の評価

磁気測定(コイル,センサなど)と磁界解析

磁気センサ

バイオ医療マグネティックス

磁気を用いた非破壊探傷技術

主な所属学会

電気学会

日本磁気学会

応用物理学会

電子情報通信学会

米国電気電子学会(IEEE)

主な論文

竹村泰司:Wiegandセンサの最新応用事例、テクノフロンティア2019技術シンポジウム「小型超高感度磁気センサの最新応用事例」,A5-2, 2019

大多哲史,竹村泰司:磁性ナノ粒子を用いた温熱治療,まぐね(日本磁気学会),磁性ナノ粒子の医療応用」,13(4), 2018

問い合わせ・詳細資料閲覧

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。