中性子回折・散乱による物質の構造と磁性の解析

2022.08.02 By 日本原子力研究開発機構

物理学

技術概要

中性子ビームの回折・散乱を利用することで、物質内の原子構造や原子配列を調べたり、原子の揺らぎや原子が持つ磁石の性質であるスピンの揺らぎを調べることができます。

用途・応用

物質の構造解析

効果

・材料開発
・試料分析
・高分子・生体化学

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

詳細資料

7-4