デジタルセンシング、移動体通信(レーダ、電波伝搬解析など)、画像・映像処理などに関する研究

2022.09.05 By 横浜国立大学 工学研究院 知的構造の創生部門 市毛 弘一 

電気・電子工学

研究概要

ディジタル信号処理および機械学習・最適化手法の知識をベースとして、移動体通信(特にアレーアンテナやMIMOシステム、電波伝搬解析、etc)、画像・映像処理(符号化、認識、鮮明化、etc)、ディジタル実装技術など、幅広い応用課題を扱っています。

アドバンテージ

  • スパース最適化およびスパースアレーなど、信号のスパース性に基づいた最適化手法・最新の信号処理技術に精通しており、セミナーや講演会等での講師経験が豊富です。
  • そうした技術に機械学習のノウハウを加えて、デジタルセンシング、移動体通信(レーダ、電波伝搬解析など)、画像・映像処理など、様々な応用を見据えた共同研究を既に実施しています。主として理論的・解析的な見地から、独自の話題提供が可能です。

事例紹介

  • ミリ波MIMOレーダを用いて、高精度・高分解能な位置検知を行うアルゴリズムを開発しました。
  • 5G/6G通信応用を見据えて、様々なスパース(不等間隔かつ低素子数)アレーアンテナシステムを考案しました。
  • 機械学習をベースに、携帯端末ユーザが最適な基地局選択をするためのアルゴリズムを開発しました。
  • マイクロ波フィルタ特性を機械的に自動調整するための最適化アルゴリズムを考案しました。

相談に応じられるテーマ

デジタルセンシング

アレーアンテナ,MIMOシステム

信号・画像・映像処理

機械学習・スパース最適化

主な所属学会

IEEE

電子情報通信学会

主な論文

Learning-Based Prediction Method for Radio Wave Propagation Using Images of Building Maps』・「IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters2021

Design of sparse arrays via deep learning for enhanced DOA estimation』・「EURASIP Journal on Advances in Signal Processing2021

Single Image Haze Removal Using Iterative Ambient Light Estimation with Region Segmentation』・「IEICE Transactions on Fundamentals2021

主な特許

特許第5413841号「フィルタ特性自動調整方法」

特開2015-200520 「到来方向推定装置、到来方向推定方法およびプログラム」

特開2021-050929 「信号処理装置、信号処理システム、信号処理方法、及びプログラム」

主な著書

「理工系のための解く!電気回路1 交流・基礎編」 講談社 2010

「理工系のための解く!電気回路2 過渡応答・解析編」 講談社 2011

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

特許情報

特許第5413841号「フィルタ特性自動調整方法」

JPB 005413841-000000

特開2015-200520 「到来方向推定装置、到来方向推定方法およびプログラム」

JPA 2015200520-000000

特開2021-050929 「信号処理装置、信号処理システム、信号処理方法、及びプログラム」

JPA 2021050929-000000