食品微生物検査に最適な水の選択

2022.03.25 資料提供元 メルク株式会社

資料のダウンロードには
ログイン(会員登録)が必要です。
会員登録がまだの方は
登録をお願いいたします。
一度会員登録をしておけば、
お得な資料が色々とダウンロードでき、
保存できます!

パスワードを忘れた場合はこちら

資料概要

正確な結果を確実にし、偽陽性または偽陰性を防ぎ、汚染を防ぐために、液体培地や固体培地を調製するときに、水を含む試薬は注意深く選択する必要があります。 水道水には、バクテリアの成長に影響を与えたり、調製した培地にエラーを引き起こす可能性のある様々な不純物が含まれている可能性があります。水は培地の主要な成分であるため、水からのこれらの汚染物質の除去は、培地調製にとって非常に重要です。

培地調製に推奨される水質は、 ISO11133:2014(“Microbiology of food, animal feed and water — Preparation, production, storage and performance testing of culture media”) に詳しく記載されています。
また、ANNEX Hには培地のトラブルシューティングについて記載されており、誤ったpH、色異常、沈殿物の形成や培養阻害の原因に、不適切な水質の純水の使用があげられています。

本技術資料は、ISO11133の規格と、その基準を満たすメルクの純水製造装置について解説しています。

このような方におすすめ

  • 微生物検査をされている方
  • FSSC22000を取得されている企業の方

資料に関するお問い合わせ先

メルク株式会社
www.merckmillipore.com/jpts

個人情報のお取り扱いについて

(1)本フォームにて入力頂く個人情報については、アズワン株式会社およびメルク株式会社のプライバシーポリシーに則り運用・管理させていただきます。
アズワン株式会社プライバシーポリシー:https://www.as-1.co.jp/privacy_policy/
メルク株式会社 プライバシーポリシー:https://www.merckmillipore.com/JP/ja/legal/privacy-statement/Y.2b.qB.iJsAAAFA8iYQWTDS,nav
(2)本フォームに入力頂いた個人情報については、アズワン株式会社及びメルク株式会社に提供されます。
本件ご同意頂ける方のみ資料ダウンロードをお申込み下さい。