火山の形とマグマの性質についてわかりやすく解説します!

2024.02.15

Byかむら

火山の形とマグマについて・アイキャッチ

過去1万年以内に噴火している火山や、現在も火山活動を続けている山のことを、活火山と呼びます。日本は世界有数の火山大国であり、地球上の活火山のうち、約7%が日本に存在しています。

火山は地下にあるマグマの性質によって、山の形や噴火の様子が異なります。

この記事では、中学地学の内容に沿って、火山の形やマグマについて解説しています。この記事でわかる事は以下の通りです。

  • 火山の成り立ち
  • 火山の形
  • マグマの性質

火山噴火によって出てくるものについても解説していますので、ぜひ参考にして、中学地学の復習にお役立てください。

火山とは

火山は地下深くにあるマグマが、地表や水中に噴き出すことによって作られる地形です。マグマとは地球の内側で岩や石が溶けてドロドロになったもののこと。

火山の地下数kmには、マグマだまりというマグマが一時的に蓄えられているところがあります。
マグマはどこにでもあるわけではなく、限られた場所にだけ発生します。火山の下には、このマグマが大量にあるのです。

火山とは

火山の形について

噴火活動では、盛り上がった地形以外にも、カルデラのようにくぼんだ地形も生まれます。
ここでは、噴火活動によってできる火山の形を紹介します。

溶岩ドーム

溶岩ドーム

 おわんをふせたような形

マグマの粘り

 強い

噴火の強さ

 強い

代表的な火山

 雲仙普賢岳、昭和新山

溶岩ドームは、粘りの強いマグマが押し上がってきてできた火山です。おわんを伏せたような形をしており、粘りが強いマグマをもつのが特徴です。

粘り気が強いマグマは流れにくいため、なかなか火山噴火には至りません。火口付近では、流れなかったマグマが固まり、マグマの塊(溶岩ドーム)を形成しています。

溶岩ドームで火口にフタをしているのに、マグマがどんどん上がってくるので、火山の中は非常に強い圧力がかかっています。
押さえられていた圧力が一気に解放されるため、
溶岩ドームの噴火は爆発的なものになるケースがほとんどです。

溶岩ドームタイプの火山は、マグマだまりのある土地が突然盛り上がってできます。昭和や平成にも、このマグマの動きによって新しい山が生まれました。

成層火山

成層火山

火山の形

 円すい型

マグマの粘り

 中間

噴火の激しさ

 中間

代表的な山

 富士山、桜島、浅間山

成層火山は、溶岩ドームと盾状火山の中間の性質をもつ山です。

溶岩と火山灰などが交互に積み重なることでできており、きれいな層を作っていることから成層火山と言われます。

成層火山は整った三角の形をしています。日本の火山で最も多いのが、この成層火山です。

盾状火山

盾型火山

火山の形

 なだらか

マグマの粘り

 小さい

噴火の激しさ

 ゆるやか

代表的な山

 キラウエア火山(ハワイ)

盾状火山は、古代戦士の持つ盾を伏せたような形をしていることから名付けられました。

ゆるやかな傾斜が特徴であり、サラサラとした玄武岩質マグマを持っています。火口付近にマグマが溜まることが少ないため噴火もゆるやかです。

盾状火山の岩石は、黒い玄武岩が主となっています。激しく噴火する事は少ないですが、マグマが広がりやすいため、被害範囲が広くなることがあります。

日本にはあまりないタイプの火山です。

火山の形について

マグマと火山噴出物

マグマと火山噴出物について、次の図に示しました。

マグマと火山噴出物マグマは火口から出ると、溶岩と呼ばれます。溶岩が流れる現象を、溶岩流と呼びます。

噴火では溶岩以外にも火口からさまざまなものが噴出します。火山噴出物を以下にまとめました。

    • 溶岩:火口から出たマグマ
    • 火山ガス:マグマに溶け込んでいた気体。大半は二酸化炭素と水蒸気
    • 火山弾:2mmより大きい個体。火山れきとも呼ぶ
    • 火山灰:小さい粒個体で2mm以下

 

火山灰をよく見てみると、色や形の異なる粒が何種類も混ざっています。これらの粒はマグマが冷えてできたものです。そのなかでも結晶になったものを鉱物といいます。

火山灰は空気に乗って、非常に広範囲に降り積もります。地層を調べると、火山灰の層が出てくることがあり、年代を調べる手がかりにも使われています。

マグマと火山噴出物

マグマの性質について

火山の形や噴火の規模は、マグマの粘りによって変わると説明しました。このマグマの粘り気は、中に含まれているガラス状の物質(二酸化ケイ素)の量によって決まります。

ガラスが加熱されているところを思い浮かべてください。高い温度で熱せられたガラスは粘り気があり、ドロドロしていますよね。同じことがマグマの中でも起こっています。

マグマの中にガラス質が多ければ、マグマの粘りは強くなります。また、ガラス質が多いので、マグマが冷えて固まった岩は白くなります。

反対に、マグマの中のガラス質が少なければ、マグマの粘りは弱くなります。ガラス質よりも土の成分が多くなるため、マグマが冷えて固まった後は黒色の岩が残るでしょう。

マグマの性質の違いが、火山の岩の色にまで現れるのです。

これまでの火山とマグマの性質をまとめると以下のようになります。

火山の形

 溶岩ドーム

 成層火山

 盾状火山

溶岩ドーム 成層火山 盾型火山

火山の形

 お椀を伏せたような形

 円すい、三角

 なだらか
 盾を伏せたような形

マグマの粘り気

 強い

 中間

 弱い

噴火の仕方

 激しい

 中間

 ゆるやか

マグマ中のガラス質

 多い

 中間

 少ない

火山の岩の色

 白い

 灰色

 黒い

代表的な火山

 雲仙普賢岳、昭和新山

 富士山、浅間山

 キラウエア火山

マグマの性質について

まとめ

火山とマグマには密接な関係があります。マグマの性質を理解すれば、火山の形から噴火の様子など、さまざまなことが理解しやすくなりますよ。

日本は世界的に見ても火山の多い国です。自分の身近にある火山が、どのような性質を持っているのか、知っておくことも大切です。

中学地学の復習を兼ねて、ぜひ近くにある活火山について調べてみてはいかがでしょうか?火山を身近に感じることで学習の理解もより深まることでしょう。

火山の形とマグマについて・まとめ

 

 

数学・理科分野の問題集(小テスト形式)とその解説を無料ダウンロード!

コミュニティサイト「Co-Lab BRAINS」に会員登録すると、数学・理科分野などの問題集40種類以上が無料でダウンロードし放題!!
日々の勉強や試験勉強に使ったり、大人でも覚えているかどうかの確認に・・・などなど、ぜひご活用ください!


小テスト例


解説例

 

下記のバナーから「Co-Lab BRAINS」の問題集&解説一覧ページにアクセスできます。