サニタリー配管なら  分解も取付もラクラク

2019.03.11 By こみねぇ

この連載テーマについて

  • アズワンは物販以外の様々な付帯サービスにも力をいれています。
  • ここではそんなサービス事業担当者が、研究に役立つ情報を紹介します。

こんにちは こみねぇ です。

今回は ≪サニタリー配管≫ について紹介しますっ!!

サニタリー=衛生的

食品工場や、製薬工場で使われる ≪サニタリー配管≫ は
異物混入や細菌の繁殖を防ぐべく、その名のとおり「衛生面」に配慮した配管です。

アズワン2019総合カタログにも各種取扱いしております。


ブラインドヘルール     ヘルール継手       ミニヘルール継手

 

こまめに洗浄する必要があるため、一般の配管と比べ、以下のような特徴があります。

≪特徴≫
1:クランプ脱着が簡単
2:表面・内面がピカピカ
3:軽い 
4:液だまりがない構造

「分解」や「脱着」が「簡単」にできるように作られています。
分解や取付けの取扱いが楽だと、魅力的ですよね。

研究用途でも、頻繁に流路を変えて実験を行う際には、非常に便利です。
工具無しで、配管を色々な形状に接続ができます!
また、ご希望のプレハブ配管も製作可能ですので、様々な流路に対応できます。

分解&取り付けの作業が容易だと、洗浄のストレスも減り配管を衛生的に保てますね(^▽^)

このサニタリー配管は、複数の規格が流通しているので、「規格」についてご紹介します。

国内で一般的に流通している規格はこちら
①IDF(国際酪農規格)  【廃止されましたが、現場では根強く残っています】
②ISO(国際標準化機構) 【IDFに変わる規格です】

 

 

海外でもそれぞれ異なる規格があります。

①3A(米国サニタリー規格)
②DIN(ドイツ規格協会規格) ガス管サイズ    [メーカーによって寸法が違うので注意が必要です]
③SMS(スウェーデン規格)
その他

非常に多種が流通しているのが現状です。

使用中の配管の先に接続したい時には、お使いの配管の規格が確認いただければ
容易に、様々な形状の配管を接続することが可能になります。

サニタリー配管のメリット「取付易さ」を詳しくご説明します!!

実物で試してみました!

 4つの部品を組み立てます。

ヘルール2つとパッキンをクランプで固定します。

 

   

  

くるくる回して

完成です。 簡単です!!  机の上で、10秒くらいで組み立てられました。

この「扱いやすさ」が好評です。

さまざまな特注加工にも対応できるため、
サニタリー配管を応用した特注品をご依頼いただいているんです。

そんな特注品のなかから、いくつか事例を紹介します。

パンチングメッシュで異物を取り除くことができるパーツ↓

 

次に 曲げ配管↓

 

チラシもご用意いたしました。

サニタリー配管チラシ.pdf(531KB)

 

様々なサニタリー配管の特注実績がございます!
サニタリー配管の特注品のご希望は こちらまでお気軽にご相談ください!

お待ちしております。