高性能高温耐熱塗料

2023.04.21 By ナノフロンティアテクノロジー株式会社

材料工学

技術概要

世界一の光吸収率と耐熱性を保有する高温耐熱塗料

研究背景

太陽熱発電の集熱部で使用される耐熱塗料は常に700℃以上の高温に晒されているため劣化や剥離が激しく2年に一度の塗り直しが必要とされており、高性能(高い光吸収率)で長期耐熱性のある塗料が求められている。

解決する課題

長期耐熱性を保有するため、メンテナンス回数を減らすことでコスト削減が可能になる。また高い光吸収率で発電効率が向上する。

技術の特徴・アピールポイント

弊社の開発した耐熱塗料は塗膜に細孔を保有している。この細孔が光吸収率を大幅に向上させた。また細孔が基材の熱膨張を緩和させるため、既存の塗料(Pyromark)と比較して2倍以上の長期耐熱性を保有する。850℃で3000時間の加熱試験後でも光吸収率96%以上を保有している。有機物は使用していないため、高温で使用してもガス等の発生がない。

用途・応用例

太陽熱発電の集熱膜用塗料。高温仕様への塗料(宇宙航空機、高温炉等)。赤外域での高い光吸収率による赤外線吸収用途。

特許情報

国内、米国、EPO、チリ、オーストラリア、モロッコ、南アフリカで特許取得済

求める連携パートナー例

塗料の量産作成、塗料の輸出を連携いただけるパートナー

詳細添付資料・お問い合わせ

詳細資料については無料会員登録後にダウンロードしていただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お
気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

詳細資料

高温耐熱塗料