毛細血管の3次元可視化にむけたハイブリッド造影剤開発

2022.11.07 By 毛細血管の3次元可視化にむけたハイブリッド造影剤開発

材料工学

技術の内容

層状複水酸化物(LDH)結晶のナノ微細化(< 10 nm)と高濃度での溶媒への分散化に

世界で初めて成功しました。

Y.Tokudome,* et al, ACS Nano, 10, 5550-5559, 2016.

 

LDHがX線造影剤、塩基性触媒、フィラーの三つの働きをする、無機系の注型用X線造影剤を開発しました。
大型放射光施設のみならず汎用CT装置での高い造影能を実証済みです。

技術の特徴

【LDHナノ粒子の合成に関して】

  • 極めて簡単な液相プロセスで粒子が合成可能(室温下で原料を混合するだけ)
  • 化学組成(金属イオン種)の変更および色素等の有機分子の担持が可能

【ハイブリッド造影剤に関して】

  • 低粘度、低毒性、良好なコントラスト
  • 組織解離プロセスが不要なX線マイクロCT観察が可能
  • 水と混ぜると固化が開始するレジン液として注型用造影剤を想定

 

特許情報

発明の名称 層状複水酸化物粒子分散液およびそれを用いたゲル体の合成方法
出願番号 特願2019-134576 
代表発明者 徳留 靖明
出願人 大阪府立大学

University of Birmingham

本特許は、日本学術振興会二国間交流事業(日-英)により得られた国際共同研究成果に基づいています。

 

技術の詳細

粒子の分散安定性蛍光特性が色素の担持後も維持される。

à X線マイクロCTと蛍光イメージングを同一検体で行う”Correlative imaging”が可能である。

 

 

開発したLDHナノ粒子は固体塩基特性を示しナノ触媒として作用する。

また、既存材料に対して高い表面塩基性を示す。

【関連する特徴】

優れたCO2吸着特性およびCO2光還元特性を示す Tokudome* et al., J. Mater. Chem. A, 2018, 6, 9684.

 

技術に関連した論文リスト

1.N. Tarutani, Y. Tokudome*, M. Jobbágy, G. J. A. A. Soler-Illia*, Q. Tang*, M. Müller, M. Takahashi, ”Highly Ordered Mesoporous Hydroxide Thin Films through Self-Assembly of Size-Tailored Nano-Building Blocks: A Theoretical-Experimental Approach” Chem. Mater., 31, 322−330, 2019. (Cover page paper)

2.Y. Tokudome,* “Aqueous Synthesis of Metal Hydroxides with Controllable Nano/Macro Architectures”, J. Ceram. Soc. Jpn., 125, 587-602, 2017. (Cover page paper) (Invited Paper) (2017JCS-Japan優秀総説賞受賞)

3.V. Prevot,* Y. Tokudome, “3D Hierarchical and Porous Layered Double Hydroxide Structures: an Overview of Synthesis Methods and Applications” J. Mater. Sci., 52, 11229-11250, 2017.

4.Y. Tokudome,* M. Fukui, N. Tarutani, S. Nishimura, V. Prevot, C. Forano, G. Poologasundarampillai, P. Lee, M. Takahashi, High-Density Protein Loading on Hierarchically Porous Layered Double Hydroxide Composites with a Rational Mesostructure” Langmuir, 32(35), 8826–8833, 2016.

5.N. Tarutani, Y. Tokudome,* M. Jobbágy, F. A. Viva, G. J. A. A. Soler-Illia, M. Takahashi, ” Single-nanometer Sized Low-Valence Metal Hydroxide Crystals: Synthesis via Epoxide-Mediated Alkalinization and Assembly Towards Functional Mesoporous Materials”, Chem. Mater., 28(16), 5606-5610, 2016

6.Y. Tokudome,* N. Tarutani, K. Nakanishi, M. Takahashia, ”Layered double hydroxide (LDH)-based monolith with interconnected hierarchical channels: enhanced sorption affinity for anionic species”, J. Mater. Chem. A, 1, 7702-7708, 2013.

問い合わせ・詳細資料閲覧

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。