肝表層血管の AI 診断による肝腫瘍解析システムの開発

2023.01.05 By 昭和大学学医学部 外科学講座 消化器・一般外科部門 講師 松田 和広

情報

研究者情報

昭和大学医学部 外科学講座 消化器・一般外科部門 講師
松田 和広

関連キーワード

術中ナビゲーション、Narrow-band imaging、腫瘍診断解析システム、腹腔鏡下肝切除

シーズ内容や、それに関する特許などの情報について

腹腔鏡下肝切除術は低侵襲手術として急速に普及し発展を遂げているが、術中の腫瘍同定やその質的診断に難渋する場合がある。腹腔鏡手術の欠点とされる視野の制限・触覚の欠落がその原因であり、開腹手術と同等の安全性・根治性を獲得するためには、それらを補う新たな診断技術の開発が求められている。
 肝腫瘍を詳細に観察する中で、腫瘍の良悪性に応じて肝表層の微小血管構造には変化があり、狭帯域光観察(Narrowband imaging; NBI)を用いることで明瞭に観察可能であることに着眼した。癌は周囲血管を増生する特性を有するため、血管走行を観察することで肝腫瘍の良・悪性診断が可能となると考えられる。本研究は、NBI にて肝表層血管走行と肝腫瘍との関連性を評価し、悪性腫瘍新規診断法の確立を目的とする。また、得られた血管走行の特徴を抽出し、病理診断結果と併せて PC に蓄積し、人工知能 (AI) に学習させることでリアルタイム自動診断システムの実現を目指す。肝表層血管走行による新たな腫瘍診断法が確立されることで、術中腫瘍診断の精度向上に大きく寄与すると考えられ、安全かつ確実な手術を提供する上で貢献度は高いと考えられる。

 

想定される産業への応用

〇本研究により、肝表層血管走行による新たなリアルタイム腫瘍診断法が確立するとともに、腫瘍の良悪性自動診断解析システムが構築されることで、がんの根治性、患者 QOL の向上、さらには医療費の削減などにも寄与できるものと考える。

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お
気軽に以下のフォームにお問い合わせください。