口内電気味覚提示装置

2022.10.06 By 明治大学

情報

技術概要

圧電素子を内蔵した装置を咬合することで電圧を発生させ電気味覚を提供する

用途・応用

電気によるバーチャル味覚ガム

背景

 電気味覚は、舌や口内に存在する味覚器に対して電気刺激を提示した際に感じる味覚である。近年では、電気味覚は、バーチャルな味覚の提示、再現や、食品の味の制御等に応用されている。

 バーチャルな味覚を口腔内に提示する装置(口内電気味覚提示装置)の一例として、例えば非特許文献1には、一対の電極のうち片方の電極を口内に、他方の電極を皮膚表面に配置し、人体を用いて回路を形成する一極型の口内電気味覚提示装置が開示されている。非特許文献1に開示の一極型口内電気味覚提示装置のうち飲料用のものでは、ユーザが銀素材の棒をストローに刺して銅箔部を把持して飲料を飲むと、ストロー内を流れる飲料、ユーザの口内、腕を通して電気回路が生成され、ユーザに電気味覚が付加される。また、食料用のものでは、口内提示側の電極としてフォークが用いられ、ユーザがフォークで食料を刺し、舌面に乗せる形で電気回路が生成される。

【先行技術文献】
【非特許文献】
【非特許文献1】中村裕美、宮下芳明;「一極型電気味覚付加装置の提案と極性変化による 味 質 変 化 の 検 討 」 , 情 報 処 理 学 会 論 文 誌 , Vol.54, No.4, pp.1442‑1449, 2013年 4月

課題

 非特許文献1に記載の一極型口内電気味覚提示装置では、電気を口外から口内の電気味覚提示装置に供給する必要があるため、電気供給のための配線が外見的にも動作的にも食事行為の妨げになるという問題があった。この問題を解決するために小型バッテリーを口内に設置する方法が考えられるが、その場合には利用可能な時間が短いという問題があった 。

 本発明は、上記問題を解決するためになされたものであって、口内で電気を供給可能であって、利用可能時間が長い口内電気味覚提示装置を提供する。

手段

 上記問題を解決するために、本発明の一態様は、圧電素子と、前記圧電素子に接続された第1味覚電極と、前記第1味覚電極とは絶縁状態で前記圧電素子に接続された第2味覚電極と、を備え、前記第1味覚電極及び前記第2味覚電極の少なくとも一方の電極はユーザの味覚器に接触可能に構成されていることを特徴とする口内電気味覚提示装置である。
 なお、第1味覚電極及び第2味覚電極の少なくとも一方の電極がユーザの味覚器に接触するとは、少なくとも一方の電極が味覚器に当接する場合のように直接接触する場合は勿論のこと、直接接触しなくても、少なくとも一方の電極が食べ物や飲み物、唾液に触れ、かつ、それら自身が導電性を有し、それらが味覚器に接触する場合のように、味覚器と間接的・電気的に接触する場合も含む。

効果

 本発明によれば、口内で電気を供給可能であって、利用可能時間が長い口内電気味覚提示装置を提供できる。

問い合わせ・詳細資料閲覧

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

特許情報

特開2019-212799

JPA 2019212799-000000