機械学習・深層学習のアルゴリズム開発

2022.07.06 By 横浜国立大学 理工学部 数物・電子情報系学科 情報工学EP 白川 真一

情報

研究概要

コンピュータで知的な情報処理を実現しようとする人工知能分野の研究をしています。その中でも柔軟性の高い最適化手法である進化計算、データから知識を獲得する機械学習・深層学習、画像処理・認識といった技術の研究開発を幅広く行っています。これらの基礎アルゴリズムの開発と実問題への応用の両面から研究を進めています。

アドバンテージ

最近の代表的な業績は、深層学習(ディープラーニング)で使用されるニューラルネットワークの構造最適化に関するものです。従来は人手で設計する必要があったディープニューラルネットワークの構造を自動設計することで、誰でも使える深層学習技術の実現を目指しています。また、適用範囲の広い最適化法である進化計算のアルゴリズム開発や応用研究にも強みがあります。さらに、機械学習、深層学習、進化計算といった技術の実問題応用や、他分野の研究者との共同研究も実施しています。

事例紹介

・ ニューラルネットワークの構造探索技術(Neural Architecture Search)の開発

・ 深層学習によるジェスチャの自動生成

・ 強化学習による船舶の自動着桟制御

・ 確率モデルに基づく進化計算アルゴリズムの理論解析と改良

・ 機械学習をはじめとする人工知能技術を活用した分野融合研究など

図版

相談に応じられるテーマ

機械学習・深層学習のアルゴリズム開発

進化計算などのブラックボックス最適化法に関する研究

機械学習や深層学習, 進化計算技術の実問題への応用

AutoML(自動機械学習)やNeural Architecture Searchに関する研究

主な所属学会

IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)

ACM (Association for Computing Machinery)

AAAI (Association for the Advancement of Artificial Intelligence)

主な論文

Finite-Sample Analysis of Information Geometric Optimization with Isotropic Gaussian Distribution on Convex Quadratic Functions』 「IEEE Transactions on Evolutionary Computation2020

Adaptive Stochastic Natural Gradient Method for One-Shot Neural Architecture Search』 「36th International Conference on Machine Learning (ICML)2019

Dynamic  Optimization  of  Neural  Network  Structures  Using Probabilistic  Modeling』「32nd  AAAI  Conference  on  Artificial Intelligence (AAAI)2018

主な特許

特許第5011533号 「進化計算システム及び進化計算法」

特許第6312512号 「遠隔見守りシステム」

主な著書

「これからの強化学習」森北出版 2016

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

特許情報

特許第5011533

JPB 005011533-000000

特許第6312512

JPB 006312512-000000