窒素酸化物の高効率回収と資源循環~大気汚染物質排出ゼロに向けた取り組み~

2022.11.07 By 大阪府立大学 大学院 工学研究科 教授 安田 昌弘

環境

技術の概要

窒素酸化物は大気汚染物質の一つで、生体毒性があり酸性雨の原因物質の一つであり、排出規制がなされている。基本技術はガラス繊維フルター式ガス吸収装置で窒素酸化物を高効率に硝酸として水溶解させる技術であり、既存の装置では除去の難しい窒素酸化物の水吸収が達成できた。一酸化窒素の酸化等の前処理技術と除去出来なかった窒素酸化物を吸着除去する後処理技術に関する研究も進み、現在、多数の実証試験を行い、その有用性を評価するとともに、商業ベース規模の実証プラントで耐久性を評価している。

技術の特徴

  • ・水だけで窒素酸化物を除去でき、廃液処理が不要
  • ・他の大気汚染物質の除去にも有効
  • ・排ガスの浄化により、炭酸ガスの農事利用などが可能
  • ・大気汚染物質の排出がほぼゼロ

適用分野

【想定される用途】

  • ・化学反応や金属溶解ガスの処理
  • ・船や自動車などの排ガス浄化
  • ・ビルや施設の空調・温水設備の排ガス処理
  • ・半導体処理ガスやクリーンルームなどのガス処理
  • ・住宅換気空気浄化システム
  • ・排ガス中の炭酸ガスの有効利用

 

【希望する連携企業】

  • ・基礎技術の深化:定量分析、評価解析
  • ・生産技術の高度化:エンジニアリング
  • ・製造・生産システムの実用化:商社、エンジニアリング
  • ・社会実装システムの開発:住宅、自動車、造船、ビル管理、エネルギー、農業

問い合わせ・詳細資料閲覧

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。