吸着剤の製造方法、吸着剤および処理方法

2022.10.17 By 新潟大学

環境

技術概要

pHが大きい状態であっても、重金属を効率よく除去することができる吸着剤を提供する。当該吸着剤を製造することができる吸着剤の製造方法を提供する。

用途・応用

排水の浄化

背景

 工場や鉱山で用いた水には、多くの重金属の汚染物質が含まれることがある。こようなされた水を排水する場合には、汚染物質を十分に除去する必要がある。 

 ま
た、汚染土壌の井戸水等にも重金属等の汚染物質がまれることがあり 飲用水等の生活用水等として用いる合に、汚染物質を十分に除去する必要がある。

 従来においては汚染物質の除去は、大量の吸着剤が使われてい。しかしながら、アルリ性の液中(例え、水イオン指数(pH)が10以上の液中)で吸着剤による処理を行うと、重金 属を十分に吸着させるこができなかったり、吸着した重金属が再溶解ししまったりして、汚染物質を十分に除去することが困難であった。 

 

課題

 本発明の目的は、水素イオン指数(pH)が大きい状態であっても、重属を効率よく除去することができる吸着剤を提供すること、当該吸着剤を製 造することができる吸着剤の製造方法を提供すること、また被処理物から 重金属を効率く除去することができる処理方法を提供するこにある。

手段

 こような目的、下記の本発明により達成される。 

 本発明の吸着の製造方法は、ドロマイト類と解状態のリン化合物を含む溶液とを接触させリン成分を前記ドロマイト類に吸着させる吸着工程と前記溶液と接させた前記ドロマイト類を焼成する焼成工程とを有することを特徴とする。

 本発明の吸着剤の製造方では、前記ドロマイト類は、水酸化ドロマイトであることが好ましい。 
 
 本発明の吸着剤の製造方法では、前記ドロマイト類はドロマイトであることが好ましい。 

 本発明の吸着剤の製造方法では、前記吸着工程をpHが2以上12以下の条件で行うことが好ましい。

 本発明の吸着剤の製造方法では、前記焼成工程は、300°C以上1000°C以下の条件で行うことが好ましい。  
 
 本
発明の吸着剤の製造方法では、前記焼成工程の後に水化させる水化工程をさらに有していることが好まし。 

 本発明の吸着剤の製造方法では、前記リン化合物として、汚泥灰由来物をることが好ましい。 

 本発明の吸着剤の製造方法では、前記ドロマイト類100質量部に対して、リン酸イオンを0.1質量部以上20質量部以下の割合で吸着させることが好ましい。 

  本発明の吸着剤は、ドロマト類とリン酸イオンとを含前記リン酸インの少なくとも一部が、前記ドロマイト類を構成するCa およびMgのうちの少なくとも一方と化学結合し、リン酸カルシウム系化物およびリン酸マグネシウム系化合物のうちの少なくとも一方を形成していることを特とする。 

 本発の吸着剤では、25°Cで1gの吸着剤を10mLの水と混合し合のリ酸イオンの溶出量が100ppm以下であり、25°Cで1gの吸着 を10mLの1Nの塩酸と混合した場合のリン酸イオンの出量が吸着量の30%以上であることが好ましい。 

  本発明の吸着剤では、BET表面積が10m2/g以上1000m2/gであることが好ましい。 

 本発明の吸着剤は、平均細孔径が1nm以上200nm以下であることが好ましい。 

 本発明の処理方法は、本発明の製造方法を用いて製造された吸着剤、重金属を含む被処理物とを接触させ被処物中に含まれる前記重金属を除去することを特徴とする。 

 本発明の処理方法は、本発明の吸着剤と、重金属を含む被処理物とを接触させ被処理物中に含まれる前記重金属を除去することを特徴とする。 

  本発明の処理方法では、pHが5以上の条件で、前記吸着剤と前記被処理とを接触させることが好ましい。

効果

 本発明によれば、水素イオン指数(pH)が大きい状態であっても、重金属を効率よく除去することができる吸着剤を提供すること、該吸剤を製 造するこができる吸着剤の製造方法を提供すること、また、被処理物から 重金属を効率よく除去することができる処理方法を提供することができる

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。

特許情報

特願2019-523502

WOA1018225639-000000