鋼材半製品の内部欠陥を検出する透過型超音波探傷法

2022.08.09 By 筑波大学

土木・建築

技術概要

透過超音波を用いた鋼片の非破壊検査法。欠陥近傍で超音波が回折し、伝搬時間が増加することに着目。低周波数の超音波を使用した回折現象により、従来法の欠陥からの反射波に基づく方法に比べ、表面近傍や深部の欠陥の検出が容易。

用途・応用

鋼片、コンクリート等の超音波減衰の大きい素材の検査、装置

問い合わせ・詳細資料閲覧

特許情報詳細や資料のダウンロード等については無料会員登録後に閲覧していただけます。

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。