粘弾性測定装置

2023.09.28 By 東京大学TLO

化学

概要

対象物をキャピラリ吸引しながら、画像を使って粘弾性を測定する装置です。吸引圧を周期的に変動させることで、1細胞やマイクロゲルといった小さな物質の周波数依存粘弾性を測定することが可能です。

技術の特徴・強み

1細胞、マイクロゲルなど、小さな組織の粘弾性を測定することが可能です。またキャピラリ吸引するだけなので、サンプルを破壊せずに測定が可能です。

用途例

研究用のレオメーター、インクやゲルなど、素材の粘弾性測定装置

希望パートナー

粘弾性測定装置を製造可能な企業様

特許情報

特願2020-015270

お問い合わせ

本技術にご興味をお持ちいただき、協業や実用化をご希望の場合には、下記アドレスまでご連絡くださいませ。東京大学TLO 坂尾([email protected])