洗剤・洗浄技術の評価

2022.07.20 By 横浜国立大学 理工学部 化学・生命系学科 化学応用教育プログラム 大矢 勝

化学

研究概要

衣類の洗濯、食器洗い(手洗い+食洗機)、住居の掃除、皮膚・毛髪の洗浄などの生活面から金属加工工程の潤滑油除去、建造物外壁洗浄、道路洗浄、車輛洗浄等の産業系洗浄、また美術品補修や病院・医療器具洗浄等に至る幅広い分野の洗浄を対象として、その試験法の開発や新たな技術を開発するための研究を行っています。特に、汚れの種類や付着状況を調べて、その状況に近い汚れ付着モデルを作成し、そして洗浄試験を行ってより効果の高い洗浄方法につなげるというパターンの研究は企業との共同研究の主体になっています。

アドバンテージ

画像解析による洗浄性評価法の開発に取り組んできたので、外観から汚れがどの程度除去されたかを見積もる技術を有しています。特に洗浄過程で色が変化する汚れに対しても適応できる方法論を開拓しています。また洗浄の確率密度関数法という新たな手法を開発し、その応用に取り組んでいます。この手法は足し算が可能な洗浄力パラメータで表すもので、界面活性剤と助剤との相乗効果等を明らかにすることができるため、新洗剤成分の開発等に有用です。

相談に応じられるテーマ

洗剤・洗浄技術の評価

洗剤・洗浄剤の環境影響評価汚れと洗剤の化学分析

洗浄技術の改善

新たな洗浄技術の改善

主な所属学会

日本繊維製品消費科学会

日本油化学会

日本家政学会

主な論文

Improvement of Image Analysis Method for Quantifying Low-Polarity Oily Stains on Fabric』・「Textile Research Journal」・2021

『米のとぎ汁の洗浄力要因の推定と関連消費者情報の分析』・「繊維製品消費科学」・2021

『クエン酸によるカルシウム系汚れの洗浄に関する消費者情報の実験的検証』・「日本家政学会誌」・2019

主な著書

「よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み」秀和システム 2011

「機能水洗浄技術最前線」エヌ・ティー・エス 2009

「地球にやさしい 石けん・洗剤ものしり事典」ソフトバンク・クリエイティブ 2008

主な研究機器・設備

画像解析装置

ハンドヘルドXRF

ターゴトメーター(攪拌型洗浄試験機)

主な地域活動

神奈川県立相模原高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会(神奈川県教育委員会)

品川区廃棄物等減量推進協議会会長(品川区)

問い合わせ

本研究に関するご質問や、話を聞いてみたいなどご興味をお持ちになりましたら、是非お気軽に以下のフォームにお問い合わせください。