大型ティラノの仲間の化石、長崎でまた発見 “恐竜王国ニッポン”鮮明に

2022.11.14 From Science Portal

 史上最強の大型肉食恐竜として人気の、北米のティラノサウルス。同様に大型の仲間の歯の化石が、長崎半島西海岸にある後期白亜紀の約8000万年前の地層から新たに見つかった。長崎市と福井県立恐竜博物館が発表した。2015年に発表した同じ地層の2点に続くもので、かつて日本でも大型のティラノサウルスの仲間が闊歩(かっぽ)していたことが、さらに鮮明になった。

新たに見つかったティラノサウルス科の歯の化石。左が外側、右は同じ化石の内側(長崎市恐竜博物館、福井県立恐竜博物館提供)
新たに見つかったティラノサウルス科の歯の化石。左が外側、右は同じ化石の内側(長崎市恐竜博物館、福井県立恐竜博物館提供)

 この海岸の三ツ瀬(みつせ)層と呼ばれる地層から2019年4月に発掘され、鑑定により大型のティラノサウルス科の歯と判明した。長さ85ミリ、根元の幅33ミリ、厚さ18ミリで、右下あごのものとみられる。生え替わりで抜けたもので、中央部は周囲の地層の圧力で変形している。歯冠の全てと歯根の一部があり、保存状態は良好という。

 ティラノサウルス科は、後期白亜紀の後半の約8300万~6600万年前にいた獣脚類の進歩的なグループ。大型のものは北米でティラノサウルスやダスプレトサウルス、アジアではタルボサウルス、ズケンティラヌスなどがいた。

 国内のティラノサウルスの仲間としては、ティラノサウルス科を含む大きなグループ「ティラノサウルス上科(じょうか)」に属する、前期白亜紀(約1億4500万~1億年前)の小さな化石が見つかってきた。大型のティラノサウルス科のものは、長崎ではこれで3点目となったほか、熊本県天草市の同じ時代の地層からも、やや小ぶりながら歯の化石が見つかっている。

ティラノサウルス科の恐竜の想像図(月本佳代美氏作画、長崎市恐竜博物館提供)

 福井県立恐竜博物館の宮田和周(かずのり)総括研究員(古脊椎動物学)は「皆さんの(ティラノサウルスの)イメージと符合する、体長10メートルあるようなものだ。アジアでは中国やモンゴルのような内陸だけでなく、(当時地続きだった)沿海側の日本にも、原始的なものから進歩的なものまで、さまざまな仲間がいたことが間違いなく分かった。アジアで珍しく、ティラノサウルス科の年代が正確に分かったことの意義も大きい」と述べている。成果は同館が10月21日に発表した。

科学技術振興機構(JST)が運営する、科学技術の最新情報を提供する総合Webサイトです。科学記事・動画コンテンツに加え、研究者や技術者、学生の方々に有益な情報への入り口を提供します。
科学ニュースや各分野の専門家による意見・レポート、科学イベント情報、各大学・研究機関等が発表するプレスリリースなどが満載です。