プロ格闘ゲーマーが有機化学Youtuberをスポンサー!?

2023.10.29 From Chem-Station By KeN

ゲーマーが有機化学にスポンサード??

YouTubeで大学有機化学の講義動画発信をされている諸藤達也(もろぴー)さんは、プロ格闘ゲーマーの梅原大吾(ウメハラ)さんからスポンサードを受けることを発表しました。

スポンサードの経緯

ウメハラさんによって企画されたオーディション企画「俺を獲れ」に出演したもろぴーさんが、プレゼンの結果、月一万円のスポンサー支援を勝ちとったようです。まさかこれまで有機化学に全く縁がなかったであろうプロ格闘ゲーマーのウメハラさんが、有機化学YouTuberを支援するとは驚きです。

YouTube: オーディション企画 俺を獲れ 【フル版】(https://www.youtube.com/watch?v=4yYwptGlXwk&)より引用

ケムステ読者の中にはウメハラさんのことを知らない方も多くいると思うので、簡単にご紹介いたします(恥ずかしながら著者も全く存じ上げておりませんでしたが、とんでもなくすごい人です……!)。

ウメハラさん 略歴

https://www.mbs.jp/mbs-column/entmbs/archive/2019/01/23/015633.shtml より引用

11歳から台風の日もゲームセンターに通い、15歳でヴァンパイアセイヴァー日本一、17歳でストリートファイター世界一になる。当時プロゲーマーという職種は日本にないこともあり、輝かしい戦績にも関わらず、2005年ごろから格闘ゲームの世界から距離を徐々に取り始め、雀荘での勤務を経て介護業界で働いていた。

 

実質格闘ゲームから引退していたものの、2009年アメリカで開催された格闘ゲームの世界大会「EVO」で優勝。ブランクにも関わらず圧倒的に勝ち続け、Mad catsとスポンサード契約を結ぶに至り、日本で初めてのプロゲーマーとなった。

 

そして2023年の現在に至るまで、第一線のトッププロ格闘ゲーマーであり、e-sports業界をけん引し続けている。

 

筆者が最も印象深かったのは「勝ち続けるために自分を飽きさせない」という考え方です。

 

どんなに楽しい、好きなことでも自分に成長が感じられなければ飽きてしまい成長が止まる。

 

いかに自分を飽きさせず成長を続けられるか、という考え方は格闘ゲーマーと研究者という違いはあるかもしれないですが見習うべき点が多すぎると感銘を受けました。

 

そんな偉大な格闘ゲーマーのウメハラさんがなぜ、一見格闘ゲームと無関係な有機化学という学問分野のYouTuberを支援することにしたのでしょうか?ゲーム×学問というのはあまりに不思議なコラボレーションに見えます。そして、そもそもなぜもろぴーさんはオーディション企画に参加しようと考えたのでしょうか?

 

勢い余ってもろぴーさんにインタビューをしてしまいました。

 

 もろぴー さんより

アカデミアの研究者は「人まねはしてはならない」や「自分の信じた道を進まねばならない」とよく言います。この言葉を研究者よりも実践してきた人物がウメハラさんです。ゲームが社会的に認められていなかった時代に誰よりも格闘ゲームを追求し、日本で初めて「ゲームをすること」を職業にしたパイオニアです。有機化学と格闘ゲーム、確かに分野は違いますが、一つの道を追求して新たな世界を切り拓く生き方は、我々有機化学の研究者にとっても参考にならないはずがありません。

この度、光栄にもウメハラさんからYouTube活動をスポンサードしていただけることになったので、「有機化学を勉強していてウメハラさんを知らない人間はいない世界」を目指して活動をしていきたいと思います。

「ゲーム×学問」は最初意外な組み合わせのようにも感じましたが、熱中し、学び研鑽し続けるという点は研究者にも共通すると感じました。

 

また様々な方から化学へ関心をもってもらうという点でも、格闘ゲームのトップランナーであるウメハラさんが有機化学YouTuberを支援することは非常に意義深いのではないでしょうか?

 

最後になりますが、お忙しい中コメントをいただきましたもろぴーさん、ありがとうございました!

(記事協力:Chem-Station)