ファクトリーオートメーション(FA)とは?「自動化」は工場だけでなく研究にも!

2023.03.14

はじめまして!MIRAの山本です!

はじめてということで簡単に自己紹介します。私は普段ロボットやAIを活用したシステムの導入支援を行っています。どんなところにロボットを入れられるかな、どんな使い方が出来るかな、どうすればもっと使いやすいものになるかな・・・・と、色々な方の作業とにらめっこすることと、アイデア出しを行うことの日々です。

私の仕事場です。どんな作業を自動化しようか日々思案しています。

 

最近はロボットやAIの導入、DXという言葉も「ブーム」から自然に浸透したところまで来ているなと実感しています。

さて、今回は初めての投稿ということで、今後書いていこうと思っておりますテーマについて、簡単に記しておきたいと思います。

浸透してきたファクトリーオートメーション(FA)

みなさまはファクトリーオートメーション(Factory Automation)という言葉をご存じでしょうか?産業機械や電子部品、自動車などの業界の方でしたら、ものすごく耳馴染みのある言葉だと思います。

ファクトリーオートメーションということで文字通りではありますが工場(の作業)の自動化のことです。これは人の手作業を機械で行うことで、もともとは危険だった作業や重たいものの作業、しんどい作業、繰り返しの作業を代替させてきたものを指していました。

そのために様々なメーカーが、様々な「特定の作業」をさせるための色々な専用の機械、装置を開発し、使われてきました。業界では、手作業に対して専用機とよく言われています。

専用機は用途に特化されていることでパワー、スピード、精度などで高い性能を発揮します。
それらを複数導入することで高い生産性の向上を果たしてきました。ただし、特定の作業、アプリケーションに特化していますので人が行うような複雑な作業、柔軟な作業変更はちょっと難しいです。また、それなりのスペースを取る場合もあります。

産業用ロボット、協働ロボットによるFA

そんな中、産業用ロボットや協働ロボットという存在が生まれてきました。専用機に対し、汎用ロボットにハンド・プログラムを入れることで特定ないしは複数の作業をさせることが出来る機械のことを指します。

これらは場合によっては専用機ほどのパワーやスピード、精度が劣ることもありますが、手先・プログラムを入れたり、入れ替えることで柔軟な作業変更が出来るため、使い方によっては人作業と専用機の良いところ取りが出来る、汎用的な機械とも言えます。

手先を変えるというのはどういうことだろうと思われるかもしれませんが、ロボットの手先は基本的に「のっぺらぼうなおてて」の状態となっています。そのため、買ってきてそこに置いただけではもちろん何も出来ません。手のひらの部分に何かしらツールをつけて作業をさせることになります。ゴルフで遠くへ飛ばしたければドライバーを持たせますし、最後グリーンで転がしたければパターを持たせるかと思います。(もうちょっと身近な例で、食事をする際にお箸を持たせたり、フォークかスプーンを持たせたり…でもよかったですね笑)

協働ロボットのイメージ。手先を色々と変えて汎用的に使う。

 

それと同じで、工場作業の中で、何かをつかみたければチャック型のハンドツールをつけますし、ネジを締めたければネジ締めドライバーを持たせることになりますし、スプレーを持たせて噴射させているかもしれませんし、ナイフを持たせて何かを切っているかもしれません。

“ラボ”もオートメーションの時代へ

使い方によって、とても融通のきく便利なロボットで特に自動車業界などでは早くから自動化、ファクトリーオートメーションに取り組んできました。

一方で研究者の方は、最近はだいぶワードとしては浸透してきているかと思いますが、まだあまり馴染みがないかもしれません。

様々な作業の自動化に携わってきた私の感覚だと、「自動化」の流れは工場だけでなく、これまで人作業か専用機、専用装置で行われてきた研究所の実験作業や分析作業のほうでもようやく本格的に取り入れがはじまってきたような印象があります。ファクトリーに対してラボラトリーオートメーションという言葉も生まれ、かなり耳にするようになってきましたし、進めていきたいという想いを持たれている研究所が増えたなって思います。

実験作業も今は自動化の流れ

この記事では"ラボラトリーオートメーション"に入る前に、全体感をつかむためにファクトリーオートメーションについてお話してきましたが、今後おおよそそんなラボラトリーオートメーション、ロボットやAIの活用について色々思いつくことをつらつらと書いていきたいと思います。

ちょっとでも取り入れ方等の参考になりましたら嬉しいです!

【MIRA山本 これまでの記事】

【著者紹介】山本 圭介

株式会社MIRA 代表取締役。ロボットメーカー、AIベンチャーにおける営業・事業企画・新規事業開発を経て、よりユーザーサイドにおけるオーダーメイド型の導入支援が行えればと考え株式会社MIRAを設立。
現在、医薬品メーカー等をはじめとした研究者の実験作業や分析、品質管理などで行われる各工程における産業用ロボット、協働ロボットやAIを組み込んだシステムの活用可能性の検討から構想支援、導入支援等のコンサルティングを行っています。一方で他メーカーのロボット関連製品やAIサービスの企画支援や営業支援、また、ユーザーに向けたロボットやAIに関する勉強会の開催やセミナー登壇を行っています。

このライターの記事一覧

 

近年研究や実験作業におけるシーンでもロボット等を用いた「自動化」の流れが強くなってきていると感じています。
このシリーズでは、工場だけでなく研究所等の様々な作業のロボット導入・DX導入に携わってきた私、MIRAの山本が、ラボの自動化・ラボラトリーオートメーションをテーマに、ロボットやAIの活用について楽しく解説していきます。