レーザ溶接・接合の メカニズムおよびトラブル防止策と最新技術動向

2024.02.29

受講可能な形式:【Live配信】のみ


各種レーザの特徴や溶接・接合メカニズムから溶接欠陥対策、異材接合への応用、最新技術動向まで
レーザ接合・溶接の基礎から応用までを徹底解説

日時

2024年4月18日(木) 10:30~16:30

会場

オンライン配信セミナー 

講師
(株)ナ・デックス ナ・デックスレーザR&Dセンター センター長 片山 聖二 氏(大阪大学 名誉教授)
[プロフィール]

 大阪大学 溶接工学研究所/接合科学研究所・助教授・教授として、レーザ溶接・レーザ加工について、35年以上、研究や講義を行う。 現在、大阪大学 名誉教授。レーザ加工学会会長、溶接学会高エネルギービーム加工研究委員会委員長、日本溶接協会レーザ加工研究委員会委員長等を歴任
主催企業

サイエンス&テクノロジー株式会社

受講料(税込)

55,000円 (税込)

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)実施中】
E-Mail案内登録価格 39,820円(税込)
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。他の割引(複数名申込割引)は併用できません。

サイエンス&テクノロジー 割引価格について
同社会員規約については、リンクより内容ご参照ください。
【2名同時申込で1名分無料】
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円

※同一法人内に限ります。 詳細は下記注意事項を参照のこと
※本セミナーのお申し込みと同時に、参加者様全員がサイエンス&テクノロジー社のE-Mail案内会員として登録されます。

申込時の注意

「複数名同時申込み」の際には、必ずフォーム内「通信欄」に、
①申込者以外の全参加者の氏名
②同 メールアドレス
③(資料送付先住所が異なる場合は)全員のご住所
を記載ください。
記載が無い場合は、お申込み受付が出来ません。

※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※請求書(PDFデータ)は、代表者にE-mailで送信いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (必要な場合は、申込みフォームの「通信欄」に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

配布資料

・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料は開催日の4~5日前にお申し込み時のご住所へ発送致します。
  ※間近でのお申込みの場合、セミナー資料の到着が開催日に間に合わないことがございます。

配信方法

ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

得られる知識

・溶接用レーザの種類と特徴および開発動向
・レーザ溶接現象 (プルーム挙動、キーホール挙動、溶融池内湯流れ、スパッタ発生機構など)
・パルスレーザスポット溶接にける溶融・深溶込み現象、スパッタ発生現象、凝固割れの発生と低減法
・レーザ溶接部の溶込み深さに及ぼす各種因子の影響
・レーザの吸収率とそれに及ぼす溶接条件(ビームスポット径、パワー、溶接速度)の影響
・鉄鋼材料、アルミニウム合金、純銅などのレーザ溶接結果
・レーザ溶接継手の機械的特性の評価法
・レーザ溶接欠陥(ポロシティ、凝固割れ、アンダフィルなど)の発生機構と防止策
・レーザリモート溶接現象
・レーザ溶接時のインプロセスモニタリングと適応制御
・AlとFe、CuとAlなど異種金属材料のレーザ溶接
・金属とプラスチックまたはCFRPのレーザ直接接合法

対象

・大学卒業レベル(高等学校卒業、高等専門学校卒業レベルでも可能)の知識があれば理解できる内容
・レーザ溶接・接合に興味がある人(高等学校卒業レベル以上)、
・レーザ利用者、レーザ装置の納入・販売業者
・レーザをものづくりに利用したい技術者、レーザ開発者、設計者など
・レーザジョブショップ勤務者
・レーザ溶接について詳細に理解したい研究者・技術者

セミナー趣旨

 レーザは高パワー密度・高エネルギー密度の熱源で、各種材料の溶接・接合が高速・高精度・高品質に可能である。本講演では、各種溶接・接合用レーザの特徴と動向、レーザ高速リモート溶接時やレーザ深溶込み溶接時のレーザ溶接現象、特に、プルーム挙動、キーホール挙動、スパッタ発生状況とそれらに関連する溶込み特性、ポロシティ、アンダフィルなどの溶接欠陥の発生機構と防止策、 レーザ溶接時のインプロセスモニタリングや適応制御法など、動画を使って詳説する。特に、ポロシティや高温割れの発生機構と防止法、最近注目されているスパッタやポロシティの低減に及ぼすレーザビームモードの効果とその考え方、キーホール深さ計測法の原理と実際の溶接・測定結果についても解説する。

 また、レーザによる異種材料接合技術に関しては、鉄鋼材料とアルミニウム合金やマグネシウム合金、銅とアルミニウムなどのレーザ接合法、レーザによる金属とプラスチックまたはCFRPとの直接接合法などを紹介する。さらに、ブルーやグリーンレーザの開発とファイバレーザビームモードの改善による純銅のレーザ溶接結果などの最新情報も紹介する。 

 講演を通して、レーザ溶接の基礎から応用、展開まですべてを網羅することにより、レーザ溶接の基本を理解し、質疑応答などを通じて応用力を養うように配慮する。

セミナー講演内容

1.各種溶接・接合用レーザの特徴とその溶接溶込み特性、およびレーザの動向
 1.1 レーザ(CO2、YAG、半導体、ファイバ、ディスクレーザなど)の種類、特徴と動向
 1.2 レーザ溶接における溶込みに及ぼす各種因子の影響
 1.3 各種レーザ溶接における溶接性と波長の影響
 1.4 レーザ溶接性(スパッタおよびポロシティ)に及ぼすビームモードの影響
 1.5 溶接・接合用レーザの最新動向

2.レーザ溶接のメカニズム
 2.1 溶接における基本事項 (温度場、凝固ミクロ組織、残留応力と変形など)
 2.2 レーザスポット溶接現象(キーホール挙動、溶込み、溶接性および欠陥に及ぼすパルス波形の影響)
 2.3 レーザビード溶接現象(プルーム挙動、キーホール挙動、溶融池内湯流れなど)
 2.4 レーザリモート溶接現象(溶込み特性、プルーム挙動とビームの相互作用など)
 2.5 鉄鋼材料またはアルミニウム合金のレーザキーホール溶接時のレーザ吸収率とそれに及ぼす影響因子
 2.6 銅のレーザ吸収率および溶接結果とそれに及ぼすレーザ波長、ビームモードおよびパワー密度の影響

3.レーザ溶接欠陥の種類・特徴と防止策
 3.1 各種溶接欠陥の種類および発生因子と防止策
 3.2 ポロシティの種類と防止策(鉄鋼材料(亜鉛めっき鋼)、軽金属、溶接条件など)
 3.3 割れの種類と防止策 (アルミニウム合金、ステンレス鋼、凝固割れなど)
 3.4 スパッタの発生・防止条件によるアンダフィルの発生と防止(各種金属材料とその影響)
 3.5 鉄鋼材料またはアルミニウム合金のレーザ溶接部の硬さ分布の特徴
 3.6 レーザ溶接継手の機械的特性に及ぼす各種因子(ポロシティなど)の影響

4.レーザ溶接時のモニタリングと適応制御
 4.1 モニタリング手法
 4.2 連続レーザによるビード溶接時のセンシングとモニタリング
 4.3 パルスレーザによるスポット溶接時のインプロセスモニタリング
 4.4 レーザスポット溶接時の適応制御とインプロセスリペアリング
 4.5 レーザビード溶接時の適応制御
 4.6 レーザ溶接時のキーホール挙動と深さ計測モニタリング

5.異種金属のレーザ溶接・接合
 5.1 鉄鋼材料と各種金属のレーザ異材接合
 5.2 軽金属(AlとMg)と各種材料(Znめっき鋼、Cuなど)のレーザ異材接合

6.金属とプラスチックまたはCFRPのレーザ直接接合
 6.1 異種材料のレーザ直接接合方法
 6.2 接合性の及ぼすレーザ照射条件の影響
 6.3 レーザ接合機構

□ 質疑応答 □

本イベントに関するお問い合わせ先

個人情報のお取り扱いについて

(1)本フォームにて入力頂く個人情報については、アズワン株式会社のプライバシーポリシーに則り運用・管理させていただきます。
アズワン株式会社 プライバシーポリシー内『個人情報の取扱いについて』https://www.as-1.co.jp/privacy_policy/
サイエンス&テクノロジー株式会社プライバシーポリシー:https://www.science-t.com/privacy/

(2)本フォームに入力頂いた個人情報については、アズワン株式会社及びサイエンス&テクノロジー株式会社に提供され、主に以下目的に使用されます。
・本セミナーに関する諸手続、お知らせ
・新着セミナーのご案内
・各種サービスのご案内

また、本セミナーへお申し込みいただくと、サイエンス&テクノロジー株式会社の「E-Mailご案内登録」を同時に行います
同社からのE-Mailご案内を希望されない方は、別途サイエンス&テクノロジー株式会社までご連絡下さい。

本件ご同意頂ける方のみ本セミナーをお申込み下さい。

セミナーに関するご注意

本セミナーは有料セミナーです。お支払に関しては、主催企業の所定の方法(振込等)で直接主催企業へお支払いいただく形となります。
アズワン株式会社では、お支払の仲介および、お支払に関するお問い合わせはご対応できませんので、あらかじめご了承ください。

申込要領全文については、こちらを参照ください。
以下重要部分を抜粋いたします。

請求書・受講券の送付について


【Live配信(Zoom配信含む)、アーカイブ、オンデマンド受講の場合】

セミナー請求書・受講券は、お申込み後、2~3営業日以内にPDFデータにてお送りいたします。
受講者1の方、または申込者入力の方宛にE-mailで送信いたします。(他社主催セミナーは除く)
なお、請求書PDFのE-mailが届かない場合は、恐れ入りますが、当社までご連絡をお願いいたします。
また、配布資料が、「製本テキスト」のセミナーの場合は、別途、ご送付いたします。
ご視聴方法については、各セミナーページ、および自動返信メールにてご確認ください。

【会場受講の場合】
セミナー請求書・受講券は、お申込み後、2,3営業日以内にPDFデータにてお送り致します。
また、昼食付きセミナーにおいて、開催前日申込みなど弁当手配が間に合わない場合は、当日会場受付にて昼食代をお渡しいたします。

※セミナー製本資料を海外で受け取られる場合、送料はご負担いただきます。

申込みについて
参加ご希望の方は申込みフォームに必要事項をご記入のうえ、お申込みください。セミナー請求書は、手続き完了次第、2,3営業日以内にPDFデータにてお送り致します。受講者1の方、または申込者入力の方宛にE-Mailで送信いたします。

お申込みされてから3日間(土日・祝日を除く)が経っても請求書・受講券PDFのE-Mailが届かない場合は、恐れ入りますが、主催者であるサイエンス&テクノロジー社にご一報ください。

お申込み後のキャンセルにつきましては、規定を設けており、受講料が発生する場合がございます。詳しくは本ページ下部の「セミナーキャンセルについて」をご確認ください。

オンライン配信視聴・テキスト資料ダウンロードなど、受講にあたりサイエンス&テクノロジー社のマイページ機能を利用しますので、「2名様以上の複数申込み」「代理者の申込み」の場合も含めて、受講者全員のS&T会員登録・E-Mail案内登録が必須となります。
(会員登録が一人でもされてないと申込みができませんのでご注意ください。)

E-Mail案内登録価格は、初めてのお申込み時から適用されます。

セミナー製本資料を海外で受け取られる場合、送料はご負担いただきます。

セミナーキャンセルについて
 お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。
 やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

【会場受講、Live配信(Zoom配信含む)受講の場合】

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

開催7日前以前でのキャンセル キャンセル料はいただきません
開催3~6日前でのキャンセル 受講料の70%
開催当日~2日前でのキャンセル・欠席 受講料の100%

 
 ​※受講料入金後のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

※2名同時申込み1名無料適用で「1名のみキャンセル」の場合は、キャンセル料は発生いたしません。

※Live配信(Zoom配信含む)セミナーをキャンセルされる際、既に製本資料をお送りしている場合は、お客様負担でご返送をお願いします。

【アーカイブ配信受講の場合】
会場での開催日(会場開催がない場合は、映像の配信日)から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

会場開催日(会場開催がない場合は、
映像配信日)6日前以前でのキャンセル
キャンセル料はいただきません
会場開催日(会場開催がない場合は、
映像配信日)5日前以降でのキャンセル
受講料の100%

 ※受講料入金後のキャンセルについて、返金の手続きが発生した場合の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。

※2名同時申込み1名無料適用で「1名のみキャンセル」の場合は、キャンセル料は発生いたしません。
 
【オンデマンド配信受講の場合】
オンデマンド配信セミナーはお申込み後すぐに視聴可能なため、キャンセルはできませんので予めご了承ください。