論文翻訳専門のAIツール「1Paper(ワンペーパー)」

2023.12.11 資料提供元 株式会社ファイマテクノロジー

操作はPDFのドラッグ&ドロップだけ!論文に特化した翻訳ツール「1paper」です。

DeepLの翻訳エンジンをベースに1paper独自の検出技術で読みやすい論文を出力

1paper独自の技術で、表やグラフ以外の文章を自動で連結して日本語化。DeepLによる自然な和訳をストレスなく読める日本語版の論文としてWord出力できます。

DeepLを使うだけと何が違うのか?各種機能についてもご紹介します。

 

最新技術のキャッチアップを効率的にできていますか?

 

1paperを使えば国際論文から効率的に情報収集できます

図、数式、テーブル、 段組の崩れなし

1paperのために開発された翻訳用AIで、論文の構成要素を瞬時に分解・理解。 翻訳不要な数式などはそのままに、テーブルや段組などの表示を最適化します。

 

機械学習により文脈を理解し自然な日本語に

論文中の専門用語や難解な表現も、機械学習によって文脈を正確に理解し、自然な日本語に翻訳します。

Word 出力可能

実務で使いやすいMicrosoft Wordへ出力できます。「テキストをコピぺして、改行位置を修正…」など、従来の翻訳サービスでの面倒な作業は不要です。

論文1本を約1分で日本語に

もとのPDFファイルの体裁を崩すことなく、自然な日本語に高速翻訳。5万文字(A4サイズ約15ページ分)なら平均1分で出力されます。

1paper「エンタープライズプラン」の4つの特徴

原文注釈

英語原文に立ち戻りたい時、わざわざ元の論文を見返す必要はありません。原文と原文のページ情報は、サイドバーに表示されます。

気になったポイントは、すぐに原文をチェックできて効率的。さらに、注釈欄に研究開発のアイデアやメモを残せば、オリジナルの資料として保存できます。

履歴管理画面

過去に翻訳したファイルは、論文中の代表的な図表とアブストラクトを組み合わせたサムネイルで一覧表示されます。日本語、英語がひとつになった翻訳済みファイルを、研究履歴として探しやすい形で管理できます。

管理者専用画面

管理画面ではチームメンバーの利用状況や翻訳状況の確認、ユーザー自身の翻訳履歴をすぐに確認できます。
素早くチーム状況や自身の履歴にアクセスできるため効率的なサーベイやチーム運営を実現します。

画像中の文字認識

スキャンした配布資料や、テキスト情報をコピー&ペーストできない特殊な論文のように、文字データのない画像ファイルも、PDF形式であれば翻訳できます。

※ファイルの状況次第では翻訳に不具合が生じる可能性もございます。ご了承ください。

エンタープライズプラン 価格表

 

プラン名 プランS プランM プランL プランXL
月標準本数 50 100 300 500
年間費用(税別) ¥525,000 ¥900,000 ¥2,475,000 ¥3,750,000

 

月標準本数・・・月間で入力できる論文の本数。100,000文字ごとに「論文1回分」を消費します。また、使用しなかった分は翌月に繰り越されるため、貯めておいてまとめて入力することも可能です。

 

この製品に興味がある方は、まずはこちらのフォームに入力ください!